富津はかりめ

d0031061_2234059.jpg[FLHRS] 22,679km → 22,865km (185.5km)

あまりの天気の良さに、メシも食わずにバイクに跨る。
青空に吸い寄せられ、房総・富津。

昼飯は、悩んだ末に焼穴子重。 …ふわとろ、ウマウマ!
今回見送った「穴子の刺身」、次は待ってろー

夕陽を追いかけ東京湾を2回渡り、帰宅。




d0031061_22363139.jpg

焼穴子重。この辺りでは穴子を「はかりめ」と呼ぶそう。4~7月、特に入梅の頃が最も美味い、と。泥臭さは皆無、しっかり脂が乗ってるのに、驚くほど軽い。
d0031061_2238848.jpg
青やぎ(ばか貝)の焼さんが。細かく切った青やぎ、葱、白味噌を和えて焼く。青臭さが適度に抜けて、潮の香りがむしろ際立つカンジ。
d0031061_22402223.jpg

d0031061_22404323.jpg
d0031061_22405498.jpg
d0031061_2241734.jpg
d0031061_22433089.jpg
d0031061_22434391.jpg
[PR]
by hasekoi | 2007-05-20 18:30 | FLHRS・おでかけ
<< 富津はかりめ2 上田の蕎麦屋 >>