Finned Headbolt Bridge、ShifterPeg取り付け

幾つか残っている小物を取り付け。何れも「仕組み」は簡単取付け。でも・・・。
d0031061_1546750.jpg
①ヘッドボルトブリッジ
 取付けが意外に面倒。色々干渉して1/4~1/2しか回らないネジを、少しずつ根気よく回す。とはいえ、15分の作業。良く見ると作りはチャチで、放熱効果はむしろ悪くなりそう?エンジン本体のフィンと、微妙にズレてるし。ま、遠くから見てナンボ。$45.95、つまり5,500円分の価値かどうかは。。

②北川商会の点火方向変換銅ワッシャー
 スパークプラグの向きを変えるワッシャー。ヒドイことに、今まで、フロントもリアも正反対を向いてた。走ってないので、効果の程は分からず。ヘッドボルトブリッジ付けても、プラグの取付け・取り外しは大丈夫そう。

③シフターペグ
 最も単純なのに面倒だった。頑張っても頑張っても、ストックの丸いゴムのペグが外れず、今日は諦めようと工具を仕舞いだしたところで目にしたプライヤー。ちょっと試しに、と、掴んで回したところ・・・回った!ここに至るまでたっぷり1時間、ここから先はもう簡単。$14.95、1,800円也。ヒール側のペグも変えると、二つで3,600円。

④ハンドルグリップ
 左右のスイッチボックス他のアセンブリを外して様子を見てみるが、左のストックのグリップが接着剤でベッタリ固着されていたのと、右側はスロットルケーブルの調整が不可避なので、作業は次回に持ち越し。でも、どうにかなりそうな感触。
[PR]
by hasekoi | 2005-11-12 21:00 | FLHRS・カスタム
<< スーツでハーレー お料理教室⑥ >>